顎変形症

  • TOP
  • 顎変形症

Gakuhenkei

※現在、当院では外科的矯正治療を行っておりませんが、近日中に開始予定です。詳しくは当院までお問い合わせください。
外科矯正を受けることのできる矯正歯科医院は限られており、顎変形症の施設基準(顎口腔機能診断施設)を満たした医院で行う矯正治療のみが健康保険の適応になります。

顎変形症とは?

顎変形症とは?

顎変形症とは、顎の骨に骨格的な問題があり、前後・左右・上下にずれることで噛み合わせや顔貌に悪影響を及ぼしている状態です。上下の骨のバランスが崩れており、それが原因で出っ歯や受け口、開咬、下顎骨の偏位など、噛み合わせに異常をきたすことで顎変形症と診断されます。
このように骨格的な問題が原因で不正咬合がある場合には、矯正治療に外科手術を併用することで骨格的な問題を改善させます。これを外科矯正(外科的矯正治療)といいます。

外科矯正とは

外科矯正とは、文字通り外科手術を伴う矯正治療です。顎の骨を切除するなどして、上下顎のアンバランスを解消します。出っ歯・受け口・開咬・顎のゆがみなどをダイナミックに改善することができる治療方法です。外科矯正は、具体的に以下のような歯並び・かみ合わせの異常に適応されます。

デメリット
  • 上顎前突(出っ歯)
  • 下顎前突(受け口)
  • 過蓋咬合(深いかみ合わせ)
  • 下顎骨偏位(顎のゆがみ)
  • 開咬(上下の前歯が噛み合わない)
  • ガミースマイル
外科矯正の治療手順

外科矯正の治療手順

顎変形症の治療は、始めから外科手術を行うわけではありません。まずは、外科矯正用の精密検査・顎の運動検査等を行う必要があります。精密検査を行った上で患者様が外科矯正の適応であるかどうか診断する必要があります。当院で外科矯正の適応であると診断された後、連携する大学病院を受診していただき、そこでも診断を受ける必要があります。

外科矯正開始後、まずは通常の表側矯正を使って、術前矯正を1年?1年半程度実施します。術前矯正終了後、大学病院にて外科手術を受けていただきます。大学病院では10日?2週間程度の入院が必要です。外科手術によって骨格的な異常が改善されたら、術後矯正で細かい歯並びの調整などを行います。

STEP1検査・診断(顎機能検査等も含む)
STEP2術前矯正(1~2年程度)
STEP3外科手術(入院も含めて10日?2週間程度)
STEP4術後矯正(6~12ヶ月程度)
STEP5保定

このように、顎変形症の治療がすべて完了するまでには、少なくとも2~3年かかるため、信頼できるドクターに任せる必要があります。

外科矯正のメリット・デメリット
メリット

外科矯正には、以下に挙げるメリットがあります。

  • 通常の矯正治療では対応できない症例にも適応できる
  • 歯並び、かみ合わせ、顔貌の異常を大きく改善できる
  • 健康保険が適用される
---健康保険で負担を抑えられる---

外科矯正の治療費に関しては患者様の状態や治療期間、手術内容、所得等によって大きくことなります。健康保険で行われるため、特に外科手術に関しては高額療養費制度が適応されることで自己負担が抑えらます。おおよその目安にはなりますが、矯正治療費と手術・入院費のすべてをあわせて約40-70万円の範囲におさまることが多いです。

デメリット

外科矯正には、以下に挙げるデメリットがあります。

  • 全身麻酔が必要であり、入院が必要となる
  • 全身麻酔の合併症により吐き気や嘔吐等の症状が生じる可能性がある
  • 手術後に知覚麻痺が生じる可能性がある
  • 入院前に数回、大学病院にて検査を行う必要がある
  • 術後は顔が大きく腫れる
  • 一定の条件を満たさなければ保険が適用されない

当院では、上述したデメリットもきちんとお伝えした上で、最善といえる治療計画をご提案しております。